デオプラスラボお役立ち情報

汗をかく仕組み、なぜ汗は臭うのか?

2015/12/15

こんにちは! デオプラスラボお客様係の沢井です!
皆さん、肌寒い季節が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
冬は新陳代謝も落ちやすく、体調管理を怠るとすぐに具合が悪くなってしまいます。
自宅に帰ったらお風呂に入って身体を温めて新陳代謝が落ちないように気をつけましょうね!

さて、今回は汗のメカニズムについてお話ししようと思います。
寒い季節だから関係無いと思っているあなた!今から準備しておけば夏も汗対策が出来るかもしれませんよ!

まず初めに汗の役割を説明したいと思います。
これは皆さんご存知の方が多いと思いますが、主に身体の熱を下げる目的で汗は出てきます。
人間の身体の中には様々な細胞がエネルギーを生み出しています。
そのエネルギーを生み出す際に発生するのが熱です。
生き続けるにはエネルギーを生み出し続けないといけないので熱は発生し続ける一方です。
その熱を下げる役割の1つが発汗、すなわち汗をかくという事なのです。
他にも熱を下げる手段を身体は勝手に行っていますが、最終的には汗をかいて体温調整しているのです。

皆さんが主に流している汗(運動して熱くなった時、辛いものを食べた時など)は【エクリン腺】と呼ばれる汗腺から出てくるものです。
この【エクリン腺】全身に400万~500万の数があると言われています。
しかし、筋肉なども同じですが人間の身体は使わないと退化していきます。
この【エクリン腺】も例外ではなく、近年冷暖房にあたりっぱなしの人が増え、汗をあまりかかなくなり【エクリン腺】が退化しているようです。
その為、実際に汗を出す【エクリン腺】はおおよそ半分だと言われています。
この【エクリン腺】実は凄く優秀で、身体に必要な物は再吸収といって身体に戻す働きをするそうです。
しかし、先ほど述べたように現代人は退化してきている人が多く、1つの汗腺からたくさんの汗を出さなければなりません。
そうすると再吸収が間に合わず、排出しなくて良い栄養素なども汗として身体から出てしまうのです。
たくさん栄養素を含んだ汗は、皮膚の表面にいる常在菌にとって非常にいい餌になってしまうので菌が増殖、ニオイの元となります。
このニオイは俗に言う汗臭いニオイです。ワキガなどのニオイとは違う原因ではありますが、汗をかいてから臭うまでのメカニズムは基本的には同じです。


PS【エクリン腺】を退化させない為には寒い時も温かい飲み物を飲んだりお風呂に入って、積極的に汗をかきましょう!!
次回はワキガの原因になる【アポクリン腺】についてお話ししたいと思います。

沢井