デオプラスラボお役立ち情報

デオプラスラボのことをもっと知ってもらうために…【使い方編】

2015/05/13

 こんにちは、デオプラスラボお客様担当の沢井です。
 ゴールデンウィークが終わりました。皆さん充実したゴールデンウィークを過ごすことは出来ましたでしょうか?
 私は友達や日頃お世話になっている人たちと一緒にご飯を食べに行ったり、祖母のところに帰ったりと、結構充実しておりました。
 なので今のところ5月病のような症状は出ておりませんね(笑)

 さて、デオプラスラボプラチナムの販売開始まで、後2週間となりました。
 ただいま社内ではプラチナムの販売開始に向けていろいろと準備を行っているところです。
 それに併せて、デオプラスラボの紹介ページを新しくしました。
 デオプラスラボは4月1日に商品をリニューアルしてから、多くのお客様の声をいただき、それらに応えるよう少しずついろんなことに取り組んでおります。
 その中でここ最近お問い合わせの内容として多い、「デオプラスラボ」の使い方をご説明したいと思います。

クリームタイプデオドラントの特徴

クリームタイプデオドラントの特徴  デオドラント製品といえば、全く馴染みの無い人や初めて使いたい人に話を聞くと、なんとなくスプレーをシューッとするものをイメージするのではないのでしょうか?
 有名な商品として、ライオン株式会社発売のBanや、資生堂グループのAg+などがあります。
 汗やニオイが気になった時や出かける前にシューッと使う。というのが一般的ですね。
 デオプラスラボは、そういったスプレータイプのものとは違う、クリームタイプの商品です。
 このクリームタイプ、スプレータイプとは異なる最大の特徴は、使用後長時間皮膚に密着して、成分がよく浸透するという点です。
 というのも、スプレータイプは使った直後は汗もひいてスッキリとするのですが、しばらく経ってくるとまた汗が出てきて臭ってしまう。なのでまた使う。という短いサイクルで使用しないといけません。
 なので、汗を頻繁にかくけどブレイクタイムがあってその度に使うことが出来るようなスポーツをやる人にはオススメ出来ます。
 ですが、実際はそういう運動している人たちばかりではないですし、どうせなら1日に1回だけ使ったらそれで終わりにしたいという方も多いはずです。
 そういう人こそ、デオプラスラボのようなクリームタイプがオススメなのです。

デオプラスラボの使い方

 それでは、実際の一番有効なデオプラスラボの使い方についてご説明いたします。
 基本的な使い方は、次の通りです。
・あらかじめお肌を清潔にしておく
・汗やお風呂のお湯などは拭きとって乾かしておく
・パール粒程度の大きさを目安に手に取り、腋毛の毛根を中心に塗りこむ

あらかじめお肌を清潔にしておく

 

 ワキガの原因に、アポクリン汗腺から出される乳白色の粘り気がある液体があります。
 この乳白色の液体をワキの下の細菌が分解することで、ワキガ独特のあのニオイが発生します。
 そしてデオプラスラボで集中的に対策を行なっていく部分は、「殺菌」と「制汗」です。
 そう、既に汗をかいた"後"の肌に残っている汗や分泌物を分解する成分は、デオプラスラボには含まれておりません。
 (当然です。体の中で生成されて、体外に排出する分泌物を分解するような成分があったとしても、それは同じように肌も分解してしまうような危険なものだからです)
 また、「医薬部外品」のデオプラスラボは"緩やかな薬理作用が認められた成分"が配合されており、塗ったからすぐ殺菌される! ということは無いのです。
 なので、デオプラスラボを塗ったのにニオイがしてしまう…という場合、もしかしたらお肌に分泌物が残っているのかもしれません。
 その分泌物を一回キレイにする。それがデオプラスラボの効果を最大限に発揮するための第一歩です。

汗やお風呂のお湯を拭きとって乾かしておく

 これは上のお肌を清潔すると似たような理由です。
 特に汗をかいて濡れたままでは、分泌物が肌に残っているため、デオプラスラボを塗っても細菌の分解はすぐには止められません。
 また、どれだけ肌にやさしい成分を配合していても、本来自然でないものを体に塗る以上、すぐにお肌を自然な状態に戻せるようにするため、デオプラスラボはシャワーで簡単に洗い流せるようになっております。
 そのため、お肌を乾かした状態で塗ったほうが、より成分がお肌に浸透するようになります。

パール粒程度の大きさを目安に手に取り、腋毛の毛根を中心に塗りこむ

パール粒くらいのサイズ デオプラスラボは、思っていた以上にクリームの伸びがいいです(※個人の感想)
 なので、パール粒くらいの大きさを取って、伸ばして塗ると、ワキ全体に塗ることができます。
 最初のうちは私もべたつくくらいに出して塗ってましたが、慣れてきた頃には自分の適量がわかり、その分だけを塗るようにしています。
 で、何処に塗るのが一番効果的かというと、腋毛の毛根を中心に塗りこむのが最適です。
 ニオイの原因になる分泌液が出てくるアポクリン汗腺は、毛根の中に存在しているため、そこを制汗して雑菌を殺菌することで、より効果的にワキガを抑える環境を作ってくれます。

長く使ってもらいたい

 今のお話の中に出てきましたが、「医薬部外品」のデオプラスラボは"緩やかな薬理作用が認められた成分"が配合されています。
 つまり、塗ったからすぐに効果が出るという商品ではありません。
 もし、すぐに効果を出したいと思うのであれば、ワキのアポクリン汗腺を全て除去しましょう。
 ワキガの原因である乳白色の分泌物が一切出なくなるため確実に効果が表れます。
 …とは言え手術をすれば大きくお金がかかるし術後のケアが大変なのは目に見えています。
 デオプラスラボはワキガの原因を徹底的に追求して、その原因を安心・安全に解消していくために制作しております。
 安心してお使いいただきながら、長く長く使っていただき、快適な毎日を過ごしてもらうのがデオプラスラボの一番の願いです。
 
沢井